読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週見たドラマ(9/11~9/17)

海外ドラマ

先週買ったばかりのiPadで、初めて出先でブログを書く。しかしいきなりキーボードを忘れてきてしまったが。

あんなにうんざりしていた8月はいつの間にか終わっていて、でも9月はうんざりすることもないせいか時間があっというまに過ぎて、ああ9月だねえとやっと思った頃にはもう半分以上終わっていた。

 

GIRLS S2E1-E10

今週はGIRLSシーズン2をまるっと観た。まあこのシリーズは話数も少ないうえに一話30分しかないので。今回は後半が特に良かった。パトリック・ウィルソンがゲスト出演の回があったんだけど、めっちゃ男前だった…!

マイケル・ペンが音楽担当してるというのは前に書いたけど嫁さんのエイミー・マンの曲は使わないのかな、と思ってたらこのシーズン後半で本当に出てきた。しかもこの、人生につまづいてる人ばかりが登場するお話にすごくハマるんだよねえ。そういえばフィオナ・アップルの曲なんかも使われてるしセリフの中にも歌詞の内容について言及されていたりするんだけど、フィオナ・アップルなんかもこのシリーズのテーマというか世界観にぴったり合っている気がする。

音楽関連のネタでは他に、カーリー・レイ・ジェプセンが〜〜ってセリフが字幕では「人気歌手」って訳されてたんだけど、日本ではあまり知られてないという判断なのかな?そうでもないと思うんだけど?

 

 

メンタリストS7E1-E4

スパドラで再放送中のファイナル・シーズンについに追い付いてしまったわけだが、来月発売のDVD全巻セット注文してしまったのでそれが来たら最後まで一気に見てしまうんだろうなと。DVDボックスはかさばるのでBlu-rayか、DVDのコンパクトボックス的なのがもし出たら買おうと思ってたのに結局、S6とかで繰り返し見たい部分が沢山あって、ついつい今すぐ買ってしまうことに。

そんなわけでファイナルシーズン突入したわけだが、ジェーンはまだ結婚指輪外さないんだねえ。正式に付き合うようになって初めて一緒に海外主張!ってとこにすかさず昔の女を投入して盛り上げるとかさすがである。今んところは順調にラブラブな感じだけどすんなりこのまま終わるわけはないよな?中盤か最終回手前で大きな波乱があるはずだよね?と思ってて、それが今一番楽しみにしているポイントだったりする。

 

 

 

最近買ったもの

音楽 雑記 レコード 海外ドラマ

最近買ったCDとかレコードとか。

 

まず、一番大きいものとしては、数日前、唐突に、iPadの新しいのを買ってしまった!現在iPad mini2をずっと使っていたのだけど、特に不具合とかはないけど、Touch ID対応の新しい機種が欲しいと思うことは少し前から時々あったのと、今回のアップルの新製品発表会でiPadの新製品はなく、それがむしろ今買おうかなという後押しになった。多分来年の春あたりには新製品が出そうだけど、その時にローズゴールドの機種があるかどうかはわからないし、iPhoneとお揃いでローズゴールドにしたいというのも大きな動機の一つだったので。

f:id:tiffany_queen:20160909213316j:plain

 

f:id:tiffany_queen:20160910120737j:plain

容量はとりあえず一番下の32GBにしたけど、これまでの使用の経験ではそれぐらいでも十分だと感じたので。むしろ容量大きいのを買うとしたらiPhoneの方がいいかなってのもある。

仕事終わった夕方になんとなーくネットで注文して、宅配ではなくApple Store受け取りを選択すると在庫があるものなら今日中に受け取れるとのことだったので、今から渋谷に行けばまだ間に合う!というわけでそのまま受け取りに行くことにした。店頭で直接購入するのと変わらないくらいのスピーディーさに驚いた。あと、Apple Storeで購入するとAppleの袋に入れてくれるというのも地味に嬉しい。

f:id:tiffany_queen:20160909213230j:plain

実際の使用感については、これまでのiPad miniと比べて劇的に変わるところはないけど、やっぱり最新の端末というのはいいね。ただなんとなく触っているだけでも喜びがある。あと、端末内蔵スピーカーの音質ははっきりとわかるくらい向上している。iPadでは映画見たり音楽聴いたりすることが多いのでこれは嬉しい。わざわざ別スピーカー使ったりする必要ないんじゃねってぐらいに良い。スピーカーが両端についててちゃんとステレオ状態にもなるし。

あと今回買ったiPad Pro 9.7インチのみで別売りのキーボードがあるんだけどこれも買ってみた。出先でブログを書くことも結構あるので、いいかなと思って。少し触ってみたけどキーの感触は問題なさそうだし、持ち歩き時にはカバーになるというのもいい。

ちなみに今回発表された新製品について、iPhoneは事前の情報から、今回は見送ると何ヶ月も前から決めていて、やはりその気持ちに変わりはないんだけど、Apple Watchは新しいやつを買おうかなと思っているところ。

 

 

 

そして「ブレイキング・バッド」の新しい全巻Blu-rayボックス。前に出てたのもBlu-rayで全巻揃えてたけど今回映像特典をさらに追加したやつが出るということで、前のやつはすでに売り払って待機しておいたのだ。まだ今回は映像の方は全然見ていないんだけど、北米版のBlu-ray全巻セットには一部日本版には収録されていない映像特典があって、それらも追加されることを期待していたんだけど(海外盤は本編なら字幕は出せるけど映像特典には英語字幕もないので、それらを日本語字幕で見られればいいなあと思っていたのだが…)残念ながらそれらはなくて、追加されたのはそれらとは別の新規の映像らしいけど。しかし今回のこのボックスとか、おまけに付いてたあれこれとかだけでもすごく嬉しかったのでよしとする。

f:id:tiffany_queen:20160906204000j:plain

 

 

 

そして最近買ったCD。

f:id:tiffany_queen:20160910140731j:plain

 

ウィルコの新作はアナログで買ってみた。もちろんデジタルダウンロードコードもあり。デジタルで聴くと短いアルバムだなあと感じるのだが、アナログで一枚にちょうど収まる長さということで納得。

f:id:tiffany_queen:20160910140659j:plain

 

 

 

今週見たドラマ(9/4-9/10)

海外ドラマ

メンタリストS6E1-E22

メンタリストのシーズン6最初から最後まで、今週はこれだけ。というか、全22話をきっかり一週間で観たというのに我ながら驚いた。ひとシーズン20話ちょいあるのって、多すぎるよなーと前から度々言ってたけど、集中すれば一週間で見られるということを自ら立証してしまった。今回はAmazonのデジタル配信をレンタルして、毎日2話ずつくらい端末にもダウンロードして、仕事の行き帰りの電車とかで見られるようにしていたし。ちょうど通勤電車の片道で1話見れるんだよね。あとものすごく精神的にぐったりしてる日には昼休みにも見たりして、これはすごくいいなと。

シーズン6は全シリーズ中の中でも最も怒涛の展開で、前半で宿敵レッド・ジョンとの決着がついて、それ以降の後半部分ではこれといった展開はないかと思ってたら今度はこれまでとは全く別の方向で大きな展開があったし。

レッド・ジョン後は舞台も変わってメンバーも一部入れ替えがあって、さすがにストーリー的には中だるみ感があってもまあ仕方ないか…なんて思ってたけどちゃんと相変わらず面白いというのには恐れ入った。これまでのメンバーが変わっちゃうのはイヤだなあと最初は思ってたけどFBI組の新メンバーもすぐ好きになってしまった。

S6最終話はなんというか、女子の夢だよなーって感じの回だったけど、特にラストの告白シーン何回も見てボロボロ泣いてしまった。

引き続きのファイナル・シーズンはスパドラで放送されてるのを録画してあるのですぐにでも次に行けるんだけど、その前にちょっとだけ…と思ってS1E1をちょこっとだけ見てみたらみんなめちゃめちゃ若くてうわーって感じだった。最初から順に見ていく段階では気にならなかったけど、S6からS1にいきなり戻って見るとなー。まあ7年も経過してるので当然ではあるし、物語中でもそれぐらいの時間の経過はあるので全然問題ではないけどね。ファイナル・シーズン最終回まで見終わったらまた第1話から、1周目はすべて字幕で見たので今度は吹き替えで見ようかなあと思っているところ。

 

今週見たドラマ(8/28-9/3)

海外ドラマ

年々、夏というものに対する耐性が低くなるばかりのような気がするんだけど(暑さに対してということだけではなく、全般的に色々と)、今週台風が去った後、明らかに季節が進んだのを感じる。先週までは朝も夜もクーラーつけることもあったほどだが今週はそれがなくなったし。

 今月から、映画だけでなく、海外ドラマについても観たやつについての記録ということで記事を書いていこうかと思って。まあいつまで続くかはわからないけど…わたしの気分次第なので。映画は一ヶ月ごとにしているけどドラマは一週間ごとで。忙しかったりで記事が書けなかった時は二週分とかまとめてやるかもしれないけど。

これは夏とか関係なくしょっちゅう罹ってるのでまあいつもの事なんだが、現在もなんとなく、これといった理由はないがTwitterが嫌になっちゃった病で、いつもならTwitterに断片的に書いてたドラマの感想もブログに書こうかなーという気分になったからというのが最大の理由かもしれない。

今回はとりあえず、一番最初なのでちょっと長めに色々と書くけど、今後はもっと簡単にメモ程度になるだろうと思う。

 

 

スコーピオンS2E6
今シーズンは、なんというか、前シーズンと比べると予算が増えたんだろうなーということは毎回感じる。いや、別に、決してつまらないというわけではないんだけど、やはり前シーズンの方が色々と好きな部分は多かったなーというのは正直なところであるが。新キャラのウォルターの友達はすごく良いと思う。あとウォルターとラルフの関係も好きだったんだけど今シーズンではラルフあんまり出てこないよね。子供は学業優先とかもあるだろうから、仕方ないのかもしれないけど。

今回は第6話だけど前後編で次回に続く!というパターンで、このタイミングでは珍しいんじゃないと思ってしまった。だいたいそういうのはシーズンの最終話あたりと、アメリカのTVシリーズでひとシーズン20話ちょっとあるやつの場合、真ん中の10話前後で大きな展開があって、前後編になってるというのはよくあるけど。



ダウントン・アビー S6E5

カーソンさんと結婚したら細かいところに口うるさいなんて今まで考えたことなかったけど、まあそりゃそうだよなあと。

S4以降はあんまり登場人物が死ななくなったよね、と思っていたけど(人間ではなくて犬は死んじゃったけど…)、最終回あたりで死んじゃうのかなーという感じになってきたね。

S1〜S3まではかなりのめり込んで見ていたけどS4で急速につまらなくなって気持ちが離れてしまったものの(やはりあの人が 退場してしまったのが大きいだろうと思う)S6で完全に終わるとのことで最後まで見届けることにしたわけだが、S5は結構面白くてちょっと調子を取り戻し た?感があって、S6は最後だからということでさすがに気合を入れてきたのかさらに面白くなっているんじゃないかと今の所感じている。

 

 

パーソン・オブ・インタレスト S5E1-E2
待望の待望の新シーズンだが前回から時間が経ち過ぎていて、ちょっと復習が必要だったかもと感じている…さすがに最初から全部は無理だけどせめてS4だけとか。でも今シーズンの序盤では過去の回想シーンが多く、それを見ていたらなんとなくポツポツと思い出せたけど。そういえばファスコがフィンチのことを「メガネ」って呼ぶの前からお気に入りだったなあとか。

ちなみにこのシリーズもダウントンと全く同じパターンで、ブレイキング・バッドよりも先に観ていて、S3までは生きる目的の一つって感じでのめり込んでいたけどS4で急激につまらなくなってがっかりしてしまったんだよね。だからS5で盛り返してくれるのを期待している。

 



メンタリストS6E1-E2

なんだかんだでもうS6に突入。スパドラで現在S4放送してるけど、ついこの間、まだまだ追いつかないなーなんて思っていたのにあっという間に追い越してしまった。しかもここまでまったく飽きる感じがないというのもすごい。前に書いたように、最初の方はめちゃめちゃハマっててもだいたいS4あたをで失速してくるパターンが多いのに。各エピソードで扱う事件とかストーリー自体はわりと大したことないのに(中盤あたりでこいつが真犯人だろうなって何となくわかってしまうことがけっこうあるよね)不思議とマンネリと感じることがなくて、キャラクターの魅力の吸引力がすごい。なんかよく分からないけどついつい見てしまう。ここまで来ると、早く最後のハッピーエンドが見たいという気持ちが高まって視聴のペースはさらに上がってる感じ。最終的にどうなるかざっくりしたとこは既に聞いているんだけど私としてはその程度ではネタバレとは思わないというか、ハッピーエンドで終わるというならまあそうなるだろうなと想像できる範囲だし、それを知っても楽しみが減るどころかますます今後の展開に期待が高まった。そうなるまでの過程は全然想像できないので、それが早く見たいなと思って。
S5まではだいたいいつもの感じというのが毎回続いてたけどS6入ったら、このシーズンは怒涛の展開になるんだろうなってのが序盤からビシバシでますます期待が高まる。

 

 GIRLS S1E4~E10

メンタリストS5まで終わってしまったので、Huluで他にリストに入れてたやつを消化しておこうかなと思って何気なくこれを再開してみたんだけど、最初の方はなんかあんまり乗れないというかあんまり自分の好みではないかもなーなんて思っていたんだけど中盤から結構いいんじゃない?という感じになってきて、これは最後まで観たいと 思った。

あと、最初は気づかなかったけどこのシリーズって音楽がマイケル・ペンで、そんなあたりも個人的にはかなり好感度高いポイント。

 

 

 

 

8月に観た映画

Netflix 映画

シン・ゴジラ

正直なところ事前には全く観たいとは思っていなくて、というかまさか自分がこの作品を見るなんて日が来るとは思ってなかったぐらいの感じだったんだけど、あまりの評判の良さに観に行ってみたら、多くの人々と同様に私も大いにハマってしまったというわけで。

 

ハイ・ライズ

見る人をものすごく選ぶ作品だと思うんだけど、私にとっては全然ピンとこなくて、特に心に引っかかるところもないままにふーん、という感じで終わってしまった。決してつまらない、というわけではないんだけれども。とりあえず個人的には今まで見たこともないようなルーク・エヴァンスの新境地が見られたことが収穫だったなあというところ。

 

ターザン:REBORN

王道的に映画として楽しい作品だった。しかし個人的には主人公はまあ男前というかすごく美しいなあとは思うんだけど私の趣味とは違うので、そこまでグッとこないというか。ヒロインのマーゴット・ロビーはとてもキュートで良かった。

 

 

X-MEN:アポカリプス

現時点で既に2回鑑賞。1回目は2D字幕で、2回目は3D字幕版で。今後さらにこのシリーズが作られるのかどうかわからないけど、とりあえずこれまでで最高の出来だったのでもうこれで最後でもいいかなという感じ。今作の中で、映画の続編ものの3作目は駄作ばっかりだから…というセリフがあったのはちょっとウケてしまった。しかし今作は3作目だけど最高だった。ファイナル・ディシジョンはなかったことにして、忘れよう(笑)。ちなみに私の中でのこのシリーズの映画で好きな順はファースト・ジェネレーション>アポカリプス>フューチャー&パスト>X-MEN 1>X-MEN 2という感じ。映画として完成度が一番すごいなあと思うのは今作なんだけど、個人的な趣味ではやはりファースト・ジェネレーションが別格で好きなので。

 

 

ペット

こういう海外のアニメ作品でもだいたいほとんど字幕版を観に行くことが多いのだけどこれは日本語吹き替えもかなり評判が良かったので吹替え版を観に行ったんだけど、確かにとても良かった。というか元々は同時上映のミニオンの方を主に目当てで観に行ったんだけど、本編のこっちもすごく良かった。

 

ジャングル・ブック

こちらは字幕版で。イドリス・エルバとか、かなり豪華キャストだったしねー。邪悪な蛇がスカーレット・ヨハンソンとかすごい似合い過ぎる。そういえばエンドロールで彼女の歌もあって思い出したんだけど、だいぶ昔にスカヨハが歌手としてアルバム出してたの、最近ではすっかり忘れられているというか、まるでなかったことのようにされてるような気がするのは私だけ?

 

 

ゴーストバスターズ

それほど期待はしていなくてなんとなーく観に行ってみたらめちゃめちゃ良くて思わず数日後に2回目まで観に行ってしまった。しかも毎回号泣。全然泣くような作品じゃないだろうと思ってたのに!84年版も一応見てみたんだけど今回の女性版の方が圧倒的に良いと思う。なんというか、80年代の映画って女性の扱いが酷いなーと感じることが多い。だから余計に今回の作品がとても素晴らしいものに思えるというのもあるけど。ちなみにどうでもいいけど、ビル・マーレイは若い頃より今の方が可愛いと思うんだよね。まあ本当にどうでもいいんだけど…(笑)

あと、女性が主人公だけど女ならではのウザいとことか面倒臭いところが全然出てこないのもすごいんだけど、恋愛要素がほぼ完全に出てこないのがその要因の一つなのかなあと。

そして4人の女性だけじゃなくて受付嬢というか受付男子のクリス・ヘムズワースがなんつっても素晴らしすぎて、イケメンでおバカ過ぎるというだけではなくて、身体の方もめちゃめちゃ凄くて身体能力も高いという、彼だからこそできた役だったよなーと。

今回のメンバーで是非とも続編をやってほしい!と強く願っている。

 

 

カンフー・パンダ3

映画館で観た作品ではないのだけど、一応新作扱いだしここで取り上げる。日本では劇場公開どころかDVD発売すら見送られた?ようで現時点ではNetflix独占配信ということになっている。

この作品については去年に情報を知って予告編を見て、主人公ポーの父親役でブライアン・クランストンが声の出演ということでめちゃめちゃ楽しみで、来年公開(つまり今年)に備えて1と2も見て、そしたら1と2もどちらもすごく良くて思わず号泣で、ますます期待が高まっていたし当然ながら劇場公開されると思っていたんだけどねー。まあとりあえず観ることはできたからまあいいんだけど…。しかし前作より更に増しているパンダのモフモフ具合とか躍動感溢れるアクションシーンとか、やっぱ映画館で、3Dとかで観たかったよなーと思うんだけど。

ストーリーも相変わらず素晴らしくて今回もまたボロボロ泣いてしまったし、父親は予想以上に出ずっぱりで良い声もたっぷり堪能できて、大満足だった。

 

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

 前作がすごく気に入ってたので個人的にはかなり楽しみにしてたんだけど、ほとんど話題になってない気が…。開始5分もしないうちに車は何台も爆発するし前作より更にバカさ倍増って感じでとても満足であった。