読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況

最近ちょっと色々あって、というかあんまりこれといった理由はなくて、なんとなく、Twitterからもハイクからも離れ気味になっているんだけど、そういったものからしばらく離れている時のほうが心の穏やかさは保てるなあと実感している。
あと、はてなブックマークのトップページも最近どんよりするような記事が多いのであんまり見ないようにしている。

まあ、強いて言えば、こんなどーでもいいことを全世界に垂れ流してもしょうがないなーと思ってしまう病にとりつかれている感じ。この病気に罹っていると、これまでだったら普通にツイートしていたことも、思いついてもそのまま頭の中で打ち消してしまうというか飲み込んでしまって終わる。

音楽関連も最近全然更新していない気がするが、昔持っていたけど今はない・・・ってのを買いなおすっていうパターンが最近多いっていうせいもある。新たなものをあまり買っていない。
その件に関してちょっと書いてみるが、昔たくさんレコードCD買っていたのは20代前半の頃で、それらの多くを売ってしまったのは20代後半のことである。20代後半ってのは半年おきぐらい?に引越をしていた時期であり、引越を何回かしているうちにどんどん荷物が減っていくというのは思いっきり真実なのだなあと。
で、最近になってそれらを再び買いなおすことが多いってのは、昔はなかった廉価版や超お買い得ボックスが多数出ているからってのと同時に、引越をしなくなって落ち着いたからというのも大きいなと思う。わかりやすい流れである。引越をしなくなった途端に再びCDが増え始めている。引越をしなくなると、CDを所有しすぎだぞっていう危機感が失われてしまうのはあまりよくないかもなって思った。
本をたくさん買っている人なんかも同様だろうけど。

しかし、昔持っていて今は手放してしまったけど、今のところ全く、再び聴きたいと思わないものも一部はある。また、嫌いになったとかではないけど、昔の色々な思い出と密接に結びつき過ぎているせいで今まだちょっと封印中のものもあるし。

そういえば最近買ったCD、といえば超最近の今週なんだが東京事変の全作品ボックスを買ったのだ。
http://instagr.am/p/WMSoiBtHij/
LPサイズのパッケージというか、マッカートニー1、2のデラックス・エディションと同様の形態と言ったら分かりやすいか。
これは先日記事にしたYUKIのボックスとは違い、完全に全曲網羅!!ということで配信限定の音源を集めたボーナスCDなども付いているし保存版にふさわしい素晴らしいパッケージだったので非常に満足している。