読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッシュ/プライドと友情

映画

ザ・イーストに続き、一週間に二回もTOHOシネマズ川崎で。たまたま観たい作品がやっているからというのもあるけど、仕事帰りに一番寄りやすいロケーションであるというのも大きい。

映画とは関係ないけどTOHOシネマズ川崎へ行く時はその下にあるレストラン街のパスタ屋で夕食を食べることが多いんだけど、ここはいつでも空いていて快適だし一人でも入りやすいし、いつも古いカントリーが流れているというのも気に入っている。

それはさておき「ラッシュ/プライドと友情」なのだが、これまた一週間に二作品もクリス・ヘムズワース主演作を観ることになるとは……どうでもいいけど今月はクリスづくしでもあって、今週末から始まっているクリス・エヴァンス主演「スノーピアサー」はこれから観る予定だし、来週はクリス・パインの「エージェント・ライアン」もある。

私はF1は全然見ない知らないのでここで描かれていることについてもこの映画で初めて知ったわけなのだが、そういう全然知らない人が見てもおおいに楽しめる作品である。

目から汗が大量に!!という話は聞いていたし予告編の感じからしても直球でそういう作品なんだろうなあと予測していたんだけど、実際にはそんなに泣かなかった。もちろんすごく良かったんだけど、私的には泣くような感じではなかったということで。

ダニエル・ブリュールがとにかく素敵で、ドイツ語がたっぷり聞けたのもよかった。英語の映画かと思いきや、実は半分以上ドイツ語じゃない?ってほどだった。あとはイタリア語とかもちょっとあったけど。

こんど、コッホ先生ぜひ見なきゃだな。