読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ジャック&ベティで「チョコレートドーナツ」観てきた

横浜の黄金町にある映画館、ジャック&ベティについに初めて行ってきた。子供の頃からなんとなく気になる存在ではあったのだが今までなんだかんだでなかなか行く機会がなく、横浜を離れた今になってようやくという感じであるが。

 

横浜の映画館・ミニシアター「シネマ・ジャック&ベティ」

これまでにも何度か行こうとしていたものの、観たい作品の時間が合わなかったりとかでなかなか行けなかったのだが、今回「チョコレートドーナツ」を仕事帰りにここで観られそうだということになって。

今は職場が京急沿線なので、仕事帰りなら電車一本で行けるし、時間さえ合えばというところでもあった。

ところで黄金町駅って、京急の急行が止まるような記憶があったのだが、それはだいぶ昔の話であったということも今回知ったり。でもあそこは各駅停車しか止まらないという方が似合うような気がする。なんとなく。しかしかつては臨時停車扱いだった弘明寺井土ヶ谷には急行が止まるというのはなんか納得いかないものもある。

その昔の京急の急行というのは、臨時停車扱いであった弘明寺井土ヶ谷を加えると横浜~上大岡間で、急行が止まらない駅は南太田だけという異常な事態でもあった。

 

まあそれはさておいて黄金町である。

金町駅周辺というのは、特に夜なんか、女性が一人で歩くのは望ましくない場所であると教えられてきたが、今回初めて降りてみて、駅から映画館まで行く辺りは特にそういう危険な要素もなく、ただただ人が少なく静かな場所であった。あんまり店もないし。なので、ここで映画を観にいってどこか周辺でメシでも食おうとなると伊勢佐木町のほうまで出る必要がある。

ジャック&ベティはジャックとベティの二つのスクリーンがあって、どちらも自由席なので窓口でチケットを買って整理券をもらう方式。今回観に行った「チョコレートドーナツ」はかなり評判が高い話題作ということで、連休中は連日満席状態だったらしいのだけど、平日の夜の回ということでそこまでの混雑はなかった。それでもレディスデーだとけっこう混むかなあと思って普通の日のレイトショーにしてみたんだけどね。全体の半分くらい座席が埋まっていたかなあという状況だった。

建物や設備などはさすがにかなり古い感じがするが、そこが良い味わいでもある。その昔まだ京急の急行が黄金町駅に止まっていたころ関内・伊勢佐木町周辺にはもっとたくさん映画館があって、関内アカデミーやオデオン座でミニシアター系の作品を観ていた青春時代を思い出すような感じ。

 

 本編上映前の余計なCMも全然無く、予告編も「アクト・オブ・キリング」一本のみというハードコアっぷりであった。

映画のほうもとても良かった。今年のベスト10に入るんではないかというほどの。観終わったあともあれこれ思い出しただけで泣いてしまうパターンである。

主演のアラン・カミングが吹替えなしで自らの歌声を披露しているんだけどもこれがまた素晴らしくて。原題の"Any Day Now"って、彼が最後に歌う"I Shall Be Released"の中の一節だったんだよね。

 


『チョコレートドーナツ』予告編 - YouTube