iPhoneを買い替える

一年ほど前に、ついにドコモからもiPhoneが発売されたということで私もようやくiPhoneを持つことになったわけなのだが、その時買ったのが5cのグリーンだった。
しかしそれが、一年ほど経った最近になってホームボタンの利きが悪くなり、これが、うわさの、iPhoneホームボタントラブルか!とやや興奮したりしたものの(ここは一番壊れ易い箇所として有名らしい)実際なってみると非常に使いづらくて鬱陶しい、全く利かないという状況ではなかったものの早めになんとかしたいなあ、ということになり。
 
保障に入っているのでまずは修理を考えたんだけれども、その場で交換してもらえるらしいジーニアス・バーは全く予約が取れないし、郵送という手もあるのだけどそれは面倒だ。そこまでするくらいだったら、新しいの買っちゃおうか……という気になり、これまで全然惹かれなかった、全く買う予定はなかったiPhone6を買うというのがにわかに現実味をおびてきたというわけだ。
在庫は豊富にあるらしい128GBでもいいかなと考えたりもしたんだけど結局のところ64GBのゴールドにした。買おうと決めた当初はどこにも全然在庫がないという状況だったんだけど、とりあえずドコモのオンラインショップで予約していたら翌日くらいには入荷されたので。
f:id:tiffany_queen:20141028215136j:plain
新しいのと古いのと。
 
実物を手にしてみるとやっぱり、Androidっぽい外観だなあ……と思ってしまった。
まあでも私は元々Android使っていたし、ずっとiPhoneの人からするとすごくでかいと感じるのかもしれないけど、私にとってはこれくらいはどうってことはない。むしろ、iPhoneとしては前よりも画面が大きくなって見やすくなったなあと思ってしまうのは加齢のせいだろうか(笑)。
そんなわけで、ちょっと触っていただけで大きさにはすぐに慣れた。
 
Touch IDには最初やや苦労したものの、親指じゃなくて人差し指にしてみたらすぐにできた。
ケースも当日すぐに買いに行った。その日の気分で変えるとか、いくつかあってもいいかなあと思って、とりあえず二つばかし買った。
まずはこの透明のやつで、Appleのマークがうまく生かされるようになってる。
 
f:id:tiffany_queen:20141028213104j:plain
 
それからこっちは、仕事行く時用に買ったやつ。
f:id:tiffany_queen:20141028213115j:plain
 
64GBという容量だと、さすがに手持ちの音楽全部入れるには全然足りないのだけど、主に聴くやつだけをピックアップしていけば十分である。ボブ・ディランのアルバム全部入れてもまだ全然余裕がある!というのは素晴らしい。
あとやっぱり、こうやって新しい端末とか買うと無性にうれしい、それだけでちょっと人生が良くなったような錯覚に陥るね。