読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Beach Boys「The Pet Sounds Sessions」「Smile Sessions」

昨日久しぶりにヒューマントラストシネマ渋谷で映画を観た時に、ブライアン・ウィルソンの映画の予告編を初めて見たんだけど(ドキュメンタリーの方ではなく、俳優が演じる伝記映画)私はこれをずっと前からすごく楽しみにしていて、早くみたいんだけど8月ってまだだいぶ先なんだよなー。


8/1公開!映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』特報 - YouTube

で、その映画とは関係ないんだけど、最近特に何かきっかけがあったというわけでもないんだけどフトビーチ・ボーイズを集中的に聴きたいという気分になって、でも私の中ではビーチ・ボーイズは完全に夏というよりは初夏から梅雨の辺りという感じで、それはおそらく一番最初にアルバムを買って聴いたのが5月か6月だったからなんだよね。だから今聴きたい気分になるというのも個人的には納得ではある。

それで、これまで気になりつつ何度も買おうかと思いつつやっぱりやめた、というわけで現在に至っていた二つのボックスを思い切って一気に両方とも買ってしまった。ペット・サウンズとスマイルのやつである。どちらも発売されてからだいぶ経っているので、未開封新品の物でもかなり安くなっていたというのもあって。

ペット・サウンズの4枚組はもう10年近く前に発売されて、これはほんとに素晴らしい、特にアカペラ・バージョンを聴くためだけにでもこのボックスを買う価値はあるとずっと前から薦められたりもしていたんだが、昔は今よりもずっと高価だったということもあって、気になりつつも手が出なかった。でも今は5000円くらいになっていたので、それならじゃあいいか……という感じで。

The Pet Sounds Sessions

The Pet Sounds Sessions

 

 ちなみにこのアルバムのステレオ・バージョンは既にだいぶ前に単品もののCDにも収録されるようになっていたのでとっくに聴いていたんだけど、それ以外の、アカペラ・バージョンやその逆のカラオケバージョンなどを今回初めて聴いて、もっともっと早くこれを買うべきだった!という大きな後悔におそわれた。私ならこのアルバムのバックトラックだけでもおおいに楽しんで聴けてしまうし、私には必要なアイテムであった。

 

そしてもう一つのスマイルのボックス。

The Smile Sessions Box Set

The Smile Sessions Box Set

 

 こちらはCDが5枚組とさらにボリュームが増えているうえに、さらにアナログ盤も付いているので当然ながらペット・サウンズの方よりもさらに高価で、やっぱりこれを買うべきなのかなあ……と悩みつつも結局2枚組CDの方を買ってしまっていた。理由の一つとして、前はアナログプレーヤーが無かったからというのが大きかったんだけど、現在はある。ということで、今ならじゃあ買ってもいいかなという気持ちになったわけだ。発売からだいぶ経って、当初の半額くらいにまでなっていたというのもあるし。

私は「スマイル」のアルバム自体には特に深い思い入れなどはなく、でもただ純粋にこのアルバムの曲には私の好きな感じのが多いし、メンバーの中ではカールが一番好きな私にとっては彼のリード・ヴォーカルが多いという理由でかなり好きなアルバムではあった。あと、このボックスを購入して詳細なデータを見ることができて、以前はこれもペット・サウンズと同様にメンバーはヴォーカルのみで楽器の演奏は全然してないんだろと勝手に思っていたのだけど、スマイルの方ではけっこう演奏もしているということが分かったのもよかった。主にカールばかりなんだけど。あと何故かギターだけでなくベースを弾いている曲もけっこうあるんだけど。あとはデニスもパーカッションをやってる曲がいくつかある。

CD一枚ほぼ全部"Heroes and Villains"なんてきっと飽きるだろうなあなんて思っていたけど、実際聴いてみると決してそんなことはなくて、それぞれ別の曲を複雑に組み合わせて1曲に仕上げてるみたいなこの作品を、バラしてそれぞれ単品で聴くって感じで面白い。