読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

God Help the Girl

f:id:tiffany_queen:20150822140815j:plain

 

ベル&セバスチャンのフロントマンであるスチュアート・マードックの映画初監督作である「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」がついに日本でも公開されることになって、ベルセバのファンとしては当然観なければと行ってきたのだけれど、内容についてはそれほど期待していなかったものの思ったよりとても良かった。私はとても気に入った。たぶん、少なくとも、ベルセバのファンであれば気に入るのではないかと。音楽はもちろん良いし、バンドで演奏するシーンも最高だ。主人公の歌声もとてもキュートでいい。ただそれだけで十分って感じ。音楽は全て書き下ろしというわけではなくて、いくつか、過去のベルセバの楽曲も使われている。

ベルセバの他のメンバーは関わっていないのかと思っていたけど何人かのメンバーはちょこっとエキストラ的に出演しているみたいだし(でもてっきりバンドメンバーとかかと思いきや病院の看護婦とかだったりする!)、音楽監修がスティーヴィー・ジャクソンというのも個人的にとても嬉しいところではあった。

ストーリーなども決してつまらないというわけではなく、なんというか、とても控えめで地味な「最高の夏にしようぜ!」って感じの内容で好感がもてた。私にはかなり共感できる内容だったし主人公や彼女と一緒にバンドをやることになる二人もとにかくキュートだし、安易に恋愛関係にはならないというところもいい。

とにかく何よりも私がこの作品を気に入ったのは、音楽を愛する人が、音楽を愛する人のために作った作品というのが伝わってきたからではないかとおもう。

ロケはもちろんベルセバの故郷でもあるグラスゴーで、彼の地の雰囲気がたっぷりと味わえるというのも大きな魅力の一つである。


映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』予告編 - YouTube 

God Help the Girl

God Help the Girl