1970年に出たアルバム

今週のお題「行ってみたい時代」というわけで、「行ってみたい」となれば自分が生まれる以前にするのが妥当だろうと思い、1978年よりも前で、私だったらあくまでも音楽的な点で、自分が特に魅力を感じるのはいつだろうか、と考えてみた。

それで年ごとに手持ちの音源でざっとプレイリストを作ってみて眺めてみて、やはり1970年が突出しているかなあと。次点で1966年とか1967年とか1972年あたりもかなり捨てがたいのだけど、とりあえずナンバー1は1970年だと。もし気が向いたら他の年に関してもいくつかこの記事と同じようにお気に入りアルバムをいくつか挙げてみるかもしれないけど。

というわけで、1970年にリリースされた中でも私が特に特にお気に入りのアルバムを何枚か厳選して挙げてみる。他にもっと、世間的に「名盤」とされるものがあるのはわかるけれども、あくまでも個人的お気に入りということで。

 

Close to You

Close to You

 

まずいきなりこれかよ!と肩透かし的に感じる人もいるかもしれないけど、私が一番最初に買ったカーペンターズのアルバムで、その後全アルバムは揃えたけどやっぱり結局これが一番好きかもしれない、ということで。彼らのアルバムとしては二作目になるんだけど、一作目の60年代感満載の、彼らとしては異色な感じからは完全に脱して自分たちのサウンドが確立されているのと同時に、まだ初々しい、純真な感じがここにはまだあって、それがたまらないんだよね。

 

Sunflower (Stereo Remasterd)

Sunflower (Stereo Remasterd)

 

 これも一番最初に買ったアルバムというわけではないけどかなり初期の段階で買って、これが気に入ったからこそ他のアルバムも揃えようという気になったような、私にとっては思い入れのあるアルバムで、やはりたぶん一番好きなアルバムかなと。"Deirdre"とか"Our Sweet Love"とか、ベスト・アルバムにはまず入らないような曲が中でも特にお気に入り。

 

Writer

Writer

 

 キャロル・キングのソロ・デビュー作で、世間的には次の「つづれおり」の方が圧倒的に評価されているわけだが私はこっちの曲の方が好きなのが多くて、上に挙げたカーペンターズと同様に初々しく瑞々しい感じが良いんだよね。

 

 

Ladies of the Canyon

Ladies of the Canyon

 

 これまた三作目とかなり初期の作品で、同じく初々しく瑞々しい感がここではまだかなり残っているのが魅力で、次の「ブルー」よりも好き。ジョニ・ミッチェルの場合はこれが一番好きなアルバムというわけではないんだけど2位か3位くらいかな、という感じ(一番好きなのは"Hejira"なので)。

 

Deja Vu

Deja Vu

 

上のジョニ・ミッチェルのアルバムに本人バージョンが収録されいている"Woodstock"がここでも。もちろん全曲最高なアルバムなんだけど、中でも特に個人的にお気に入りなのは慎ましやかな"Our House"で、今年の始め頃にCS&Nのライヴでこれを生で聴けたのはまさに全俺が泣いたって感じだった。

 

All Things Must Pass

All Things Must Pass

 

 最初はポールの"McCartney"にしようかとも思ったものの、やはり私はビートルズの中ではジョージ派なのでこれを。

 

No Dice

No Dice

 

バッドフィンガーだったらやっぱりこれだよねえ、ということで。

 

Untitled: Unissued (Exp)

Untitled: Unissued (Exp)

 

 バーズで一番好きなアルバムというとこれか、ロデオか?と迷うところなのだが、曲単位でみると"Chestnut Mare"が突出しているのでやっぱりこっちかなあ、とか。

 

New Morning

New Morning

 

 ディランの1970年はセルフ・ポートレイトも出ているんだけどこっちのほうが好きなので。曲やアレンジなどだけではなく、このアルバムの声もすごく好き。ザ・バンド後って感じの70年代前半のアルバムはたいていどれも好きだ。評判はいまいちらしいセルフ・ポートレイトもかなり好きだし。

 

Uncle Charlie & His Dog Teddy

Uncle Charlie & His Dog Teddy

 

 カントリー・ロック的なアルバムではやっぱりこれが最高なんじゃないかと思う。カバー曲多めだけど、どれもこれもオリジナルや他の人のより圧倒的に良いのばかりで。例えば"Livin' without You"はこの1970年に出たニルソンのSings Newmanなんかにもあるけどそれよりも本人バージョンよりもこっちのが断然良い、と思う。


The Nitty Gritty Dirt Band - Livin' Without You ...