読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレイキング・バッド DVD/Blu-ray BOXの映像特典について その2(シーズン4~5)

海外ドラマ

(注:シーズン5の内容に触れています)

 

 

ブレイキング・バッド DVD/Blu-ray BOXの映像特典について シーズン4(約350分) 

  • 未公開シーン
  1. メッセージ - 第1話の惨殺シーン
  2. バッグを回収するスカイラー
  3. ゴーカート - ジェシーはゴーカートで気を紛らわす
  4. いいぞ
  5. 聞きたいことがある
  6. 払うのか? - 洗車場でのやり取り
  7. 現状のままで引き渡す - 洗車場について
  8. 話がしたい - 洗車場にテッドやって来る
  9. ジュニアの誕生パーティ - 他の未公開シーンはだいたいどれもごく短いんだけどこれはかなり長い。ジュニアが自分の誕生日プレゼントを順番に開けていくシーン。
  10. 自分で行けばいい - ジェシー、アンドレア&ブロック親子が引っ越した家を尋ねる
  11. 大おばのビルギット - あの「では、よい知らせかも」のシーンのかなり長いバージョン
  12. また来週

 

  • ソウルに電話しよう! - 本編では流れていないCM、2バージョン
  • ポッドキャストトーク - 製作者や出演者が製作の裏話などについて話す
  • NGシーン
  • ゲイルのカラオケ映像 - フルバージョン、最後のほうめっちゃ熱唱している(笑)
  • ウォルターとチャレンジャー 絵コンテとの比較 - ウォルターが車で爆走したのちに爆破させるシーンの撮影について
  • スーパーラボの見学 - セットの装飾を担当したスタッフがスーパーラボについて解説
  • ブレイキング・バッド」の本物の家族 - 本物の家族のように仲が良い、スタッフやキャストらの舞台裏の様子を撮影したビデオ
  • 製作の舞台裏
  1. 見えない運転手 - マイクとジェシーが一緒にお金回収していて危険に襲われるシーンの撮影について
  2. キャストの相性 - ウォルターとジェシーの関係などについて
  3. 登場人物の色づけ - 各キャラクターの衣装の選び方について
  4. ヒット作の誕生秘話 - ストーリーや主人公のキャラクターを思いついたきっかけについて
  5. ホワイト家の見学 - ホワイト家のセットの紹介
  6. セットについて - ジェシーの家、ホワイト家、ソウル・グッドマンのオフィス、スーパーラボのセットについて
  7. 爆発シーンの舞台裏 - 最終話の老人ホームでの爆発シーンについて
  1. テッドの転倒 - ラグマットで転倒するシーン撮影の詳細
  2. トラック襲撃 絵コンテとの比較 - 第4話冒頭のポジョスのトラックが襲撃されるシーンの撮影について
  3. 道を踏み外すスカイラー:アンナ・ガンの役どころ - アンナ・ガンがシーズン4での自分の役について語る
  4. チェスの試合:ウォルター対ガス - このシーズンは全話通してウォルターとガスによるチェスの試合のようだ、という話
  5. ホワイト家で育つ:RJミッテ ジュニアを演じる - RJが自分の役柄について語る、ちなみにこの自分の役柄について語るシリーズ、他の主要キャスト全てのものが北米版ボックスのおまけディスクに収録されていたので、他の人のもちゃんと日本語字幕で見たかったな〜と思う。
  6. ルッキングバック:シーズン4を振り返って - シーズン4のまとめを製作者や出演者が語る

 

 

シーズン5(約200分)

  • 未公開シーン
  1. ベーブ・ルース - バットを持つスカイラー
  2. 疲れてるだけ - スカイラーがプールに入った後のやり取り
  3. ジェシー・ジェームズ - 過去の列車強盗での総額
  4. マイクのひと言 - 逃亡前にハンクの盗聴音声を聴き、銃などを処分するマイク
  5. ラクになるよ - ウォルターがスカイラーに対して
  6. 念には念を - ジェシーがウォルターの自宅に来て話すシーン
  • リハーサル・シーン
  1. ジェシー・プレモンス
  2. ローラ・フレイザー
  3. 拘置所の殺人
  • ボーナス・シーン - 特典映像用に新たに作られた"女と銃"。第8話冒頭でジェシーがウォルターに会う、そして後半でウォルターが金を持ってジェシーの自宅に行くがその間に相当するシーンで、ジェシーの自宅にストリッパーを呼んでジェシーとスキニー・ピートが楽しんでいたところへソウルがやってきて、ジェシーに危険が迫っているという話をする。ソウルは、刑務所の殺人の後でウォルターが次に殺すのは自分だと思っていてめちゃめちゃビビっている。珍しく冗談も言わずにマジな感じだし。ちょっと笑えるのはソウルがこのストリッパーと知り合いらしいというところ。
  • 掃除屋:ジョナサン・バンクスが演じたマイク - マイクのキャラクターが作られた経緯や、共演者たちが語るジョナサン・バンクスの素晴らしさについて。
  • ギャラリー1988でのアートショー - ブレイキング・バッドをモチーフにしたアート展を訪れたキャストらの様子
  • NGシーン
  • 脚本家会議の様子
  • 列車強盗シーンの撮影 
  • シーズン4からシーズン5へ
  • シーズン5の見どころ
  • ブライアンとアーロンからのメッセージ
  • 監督たちが振り返るあの場面 - これまでのシーズンを振り返り、各エピソードの監督たちが特に思い出に残っているシーンの撮影について語る

 

ファイナル・シーズン(シーズン5の後半、第9話以降)(約227分)  

  • 未公開シーン
  1. いい加減にしろ - 札束ベッドのシーン
  2. 何かいいニュースなの? - 「スカイラーに助けが必要だ」
  3. 彼女がいなきゃ稼げない - トッドの叔父たちの会話
  4. 話がしたい - ウォルターが告白ビデオを撮る前のシーン
  5. 別れ - ウォルターとジェシーの別れのシーンちょっと長め
  6. ウォルターの告白 - 告白ビデオ、フルバージョン
  7. 判断は任せる - ウォルター、ホテルのプールサイドでジェシーに電話する
  8. 走り去るウォルター - ジェシーが灯油を持って自宅に来た後
  9. ジェシー・ピンクマンの告白ビデオ - フルバージョンというわけではないが(あれって全部で何十分も、いや一時間以上?あるという設定だよね…)ゲイルを殺した時のこと、列車強盗の時に少年を殺したトッドの話という二大重要ポイントの部分のみ
  10. お前が悪い - トッドらのアジトから脱走しようとするジェシー

 

  • ブレイキング・バッド」のメイキング - 各エピソードの撮影の様子
  • オジマンディアス トレイラー
  • サウンドのつけ方 - 撮影時の音声及びアフレコ、音楽、効果音の3つの音の組み合わせについて
  • NGシーン
  • 荒野でのメインイベント - 「決別の荒野」銃撃戦の撮影について
  • もう一つのエンディング - これまでの全ての話が"Malcolm in the Middle"のお父さんが見た夢だっというオチのエンディング
  • ヴィンス・ギリガンの仕事 - ヴィンス・ギリガンが自らの仕事のやり方について語る
  • 最終決戦 - ラストの襲撃シーンの撮影について
  • M60のテスト映像 - ラストで使われたM60の発射テストの様子
  • TV番組"MYTHBUSTERS" - 「怪しい伝説」というタイトルで日本でもディスカバリーチャンネルで放送されている番組で(Netflixでもシーズン1〜3配信中)、都市伝説やことわざを科学的に検証する番組なのだがここで「ブレイキング・バッド」に登場した幾つかのシーンについて本当に科学的に正しいのか実験してみた回。ヴィンス・ギリガンとアーロン・ポールも特別出演。雷酸水銀で部屋を吹き飛ばす、フッ化水素酸で死体を溶かすという二件を取り上げる。
  • "汚れた金"台本読み - これが映像特典の一番最後にして一番個人的には感動したもの。最初から最後までカットなしで。全て見られる。その場にいなかった人のセリフは他の人が代わりに読むのも見どころの一つで、例えばリディアのセリフをベッツィ・ブラントがやってるとかハンクの部下の役をヴィンス・ギリガンとか。自分が出演しないシーンを他のキャストがとても楽しそうに横から見てるのもいい。バッジャーとスキニー・ピートが「俺の考えたスタトレの脚本」の話をするシーン、正直ストーリーに全然関係ないし要らなくね?なんて思ってたけどみんなそのシーンめちゃめちゃウケてて、気に入ってるんだなーと。それからウォルターとジェシーが「マイクは生きている」という話をするシーンでアーロン・ポールがマジ泣き、そしてそれを横で見ているアンナ・ガンも泣いてるとか、なんかすごいものを見てしまったと圧倒された。