読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「4年間で変わったこと、変わらないこと」

雑記

「4年間で変わったこと、変わらないこと」はてなブログは4周年!というわけで、この4年間の変化について考えてみたのだけど、特にこれといって思い浮かばない。ただ一つ顕著に感じるのは忍び寄る老い、ぐらいか。今年に入ってから特にそれを強く感じるようになったんだけど。それ以前はほとんどなかったんだけど生理周期の乱れが今年に入って急激に酷くなって、ただ周期が乱れるというだけで他に貧血とかの症状などはないので病院に行くということもしなかったんだけど、常にナプキンが手放せない状態というのは非常に不快なものである。

で、とりあえずまだ30代後半であるしということで命の母ホワイトを試してみたんだけど、最初からいきなり所定の容量を飲んでみたら猛烈にだるくなるという副作用があって、ネットで検索してみたら同様の症状が出たという人はかなり多いみたいで、最初はまず少なめで様子を見てからだんだん量を増やす方が良い、と書かれていたので私もそのようにしてみたけど結局ほとんど効果は見られなかった。

そこでホワイトではなく命の母Aの方にしてみたら、こっちはいきなり最初から所定の容量通りに飲んでみたら副作用は全然ないし、しかも一ヶ月以上だらだらと続いていた出血が完全に止まるという、効果がてきめんに現れたのである。それ以外の面でもなんとなく、全体的に体の調子が良くなったような気もする。以前は頭痛とか貧血とか割と頻繁にあったのだが最近はそれらがほとんど起こらなくなったし。命の母ホワイトではなく命の母Aの方が対象年齢が上で完全に更年期用の薬なんだが、そっちの方が明らかに効果が現れるというのは…と軽く落ち込んだりもしたのだけど、30代後半ということであれば早すぎるということもないそうで、もうそういう時期が始まりつつあるのだと開き直ることにした。白髪は30歳になった途端に急激に始まったし、このままいくと40代前半で生理が終わるとかもあるかなーと。まあそれはそれで構わないんだけど。

20代の時に精神的に負荷がかかりすぎたのでこういうことになっているのかなと思ったりしているんだけど、それについてはもう仕方ないと諦めている。今更どうにもならないし、後悔とかやり直したいとかそういうことも全くないので。若い頃は全然楽しい事はなかった、むしろ辛いことばかりで、現在の方が断然良い。