Tiffany-Queen's Diary

映画や海外ドラマ、音楽、その他色々について。

マジ歌ライブに行った話など

Amazonプライムの「さまぁ〜ずハウス」のオリジナル・グッズ販売中だと番組内でお知らせしてたからついつい買ってしまった。マグカップとコースター。こういうのはきっと、出た時にすぐ買わないと二度と手に入らない気がしたので、迷っている暇はないなと。 

で、届いてみたらまず伝票が手書きだったのに驚いてしまった。知り合いから荷物が直接送られて来るときのやつだ。今どき、Amazonマケプレで個人営業っぽい店から来るやつですら手書きはないのに。送り主も、どっかのネットショップ委託業者みたいなやつではなく、番組制作会社の極東電視台から直接なのである。ここで働いてるバイトの子みたいな人が通常業務の合間に手作業で送ってくれたような感じ。

f:id:tiffany_queen:20180531104043j:plain

この感じからして、多分、グッズの生産数もかなり少ないのではと思ったのでなおのことやっぱりすぐに買っておいて正解だったかなと。番組を観ている総数自体がそんなに多くはなく、さらにその中の数少ない物好きの人しか買わなそうだもんな。そんな物を大量に作って在庫抱えるのもイヤだろうから、その数少ない物好きの間だけで出回ればいいやという感じで、そんなにたくさんは作らないだろうと思うんだよ。

f:id:tiffany_queen:20180531104710j:plain

 

ゴッドタンのマジ歌ライブ2018@横浜アリーナ、観に行ってきたわけなんだけれども。

「世界最大のお笑いライブ」と言ってる人もいたけど、確かにこの会場の規模で、というのは他にないかもしれないなーと。観客約1万2千人。前回は武道館で、あとはもうさいたまスーパーアリーナと東京ドームぐらいしか残ってないんじゃないのというね。個人的には、次回は逆にまた小さい会場に戻るのもいいんじゃないかと思っていたりするんだけど。

f:id:tiffany_queen:20180529211050j:plain

ゴッドタンのDVD購入者先行抽選でチケット取ったんだけど、そのおかげなのかどうなのかはよく分からないんだけど席がめちゃくちゃ良くて、ステージに一番近いセンター席ど真ん中ブロックの前から8列目というとてつもない場所だった。横浜アリーナは何度か来たことあるけど、かつてアリーナ席の上段の方から見下ろしていたあのゾーンに自分が座っているという、全く未知の領域。実際ステージをそこから見てみて、当然ながらオペラグラスは完全にいらないし、会場内のモニター越しではなく直接ステージの出演者の顔がちゃんと見えるほどの位置なんだよね。でもそんだけ前だと、火が出る演出のたびにめちゃくちゃ熱かったりビビったり花火の匂いが凄かったりもしたんだけど、まあそういうところも含めて楽しかったから。

ひたすら楽しすぎる2時間半はあっという間という感じで、これまでに行ったライブの中で一番楽しかったかもってぐらい。しかも、とにかくひたすら楽しませるっていうだけでなく制作スタッフや出演者みんなの、お笑いに対する熱い思いが随所に溢れまくりなのが何よりも素晴らしいところで。オープニングでの「戦場みたいな毎日だけど今日は笑おう」っていうメッセージだけでも泣きそうになってしまう。他にもたくさん泣きそうポイントはあったんだけど。もちろん笑いすぎで泣いちゃうってパターンもあった。私は一人で観にいったんだけど、周りをみてみると結構一人で来ている人が多かったのもなんか安心した。しかしテレビ東京の深夜のバラエティ番組を粛々と観続けて来た人が1万2千人も集まったというのもすごい事だなと。こんなに大きな会場でやるなんて、本当に大丈夫なのかな〜という不安も正直なところあったんだけど実際ライブが始まってみると本当にあったかいお客さんばっかりですごく良い空気だったし、とにかく幸せすぎる最高の時間を過ごせた。