Tiffany-Queen's Diary

映画や海外ドラマ、音楽、その他色々について。

最近お気に入りのテレビ番組について(青春高校、勇者ああああ、イッテンモノ)

最近地上波で特にお気に入りの、毎週楽しみにしている番組についていくつか書こうと思う。いずれも深夜かテレ東かって感じなんだけど。私はこんなに面白いと思って見てるのに周りではほぼ話題になってない!というのもあって、珍しくこんな記事を書いてみようかなと。しかし数週間あっためていたネタなので内容が少し古くなってしまっているんだけれども。当初は短めにさっくりと終わらせる予定だったのに、色々とあっためすぎて結局長文になってしまったし。

 

前にもブログかTwitterかどこかには書いたかもしれないけど、私はもともとそんなにテレビを観る方ではない。全くみないわけではないけど、私が面白いなあと感じられるのは主にだいたいテレビ東京か、他の地上波でも深夜番組ばかりで、時々、好きな人が出ているからということで頑張って地上波ゴールデンの番組を見ようとすることもあるんだけどだいたい5分くらいで見てるのが辛くなってギブアップしてしまう。見てるのが辛くなる理由というのは、まあ、色々あるんだけど、別に尖ってる感を出したいわけではなくて、例えば職場で、みんながW杯とかオリンピックの話で盛り上がってるけど私にその話題振られても困るしなあという感じというか。最初は一応馴染もうと努力はしてみるんだけど、結局無理がありすぎて離脱してしまう。わかりづらい例えか。うーむ。お昼の番組だけど「王様のブランチ」なんかも見たらイライラしすぎて1分も我慢できない。NHKなら観るという人もいるけど、私はそういうラインでもないんだよな。なんて言ったらいいかわからないけど。

とにかく、最近はさらにAbemaTVの出現で、あれは地上波の深夜か下手するとそれよりも際どい内容ばかりをバンバンやってるし、なんらかのスキャンダル等で地上波にはほとんど出られなくなった芸能人もあそこでバリバリ活躍していたりという場なので、これに慣れちゃうとますます地上波ゴールデンはきつくなるんだよなーと思いつつも、こっちばかり観てしまう。地上波ゴールデンでバンバン活躍してるような人でも、こっちでは、地上波で絶対できないような企画をすげー楽しそうにやってたりするし。

少し前にTverというものの存在を知って、地上波に関しても昔とは違って自分が観れない時間帯の番組も気軽に見れるからむしろ最近の方が、色々な番組を見られるようになったというのもある。Tverの一番すごいところは自分が住んでいる地域では放送されていないテレビ番組も見られるところで、私が一番最初にこれを使うようになったきっかけは、関西圏でしか放送されていない「相席食堂」を観るためでもあったし。

tver.jp

 

そんなわけで本題の、私が最近お気に入りの番組について。まずはテレ東の番組2連発。

一つ目はまず「青春高校3年C組」なんだけど、秋元康と、ゴッドタン等私の好きな番組の数々をやってきたプロデューサーの佐久間宣行さんが手がける番組で、平日17時30分〜18時の生放送ということで私はリアルタイムでは観れないのでテレ東のネット配信等で観ている(他にもTverとか色々なやつで見逃し配信あり)。日替わりのMCで好きな芸人たくさん出てるので気になってはいたものの、放送時間からして我々のような年寄りは完全にターゲットじゃないだろ?しかもこんな、素人の若者がぞろぞろ出るような番組なんて何にも面白くないだろ?なんて決め付けてしばらくずっとスルーしてきたんだけど、なんとなくお試しで水曜日の三四郎の回を観てみたらすごく面白くて、これはいいじゃないか!ということでさらに金曜日のバナナマン日村さん&東京03飯塚さんの回を見たらさらにさらに素晴らしくて、これは毎週見なきゃなー!となってしまったのであった。出演している生徒の子はみんなそれぞれ個性的で魅力的で、大人が見てもちゃんと面白い番組になってるし、思った以上にそれぞれの曜日の担任MCの魅力がかなり出ているので、MCのファンの人ならとりあえず見て損はないし楽しめるんじゃないかと。あと、前のを見てないと話がわからないという内容ではなく完全に単発で見られるので、気軽に気が向いた時だけ見て楽しめるというのも良い。

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

そしてもう一つはテレビ東京で毎週木曜深夜に放送されている『勇者ああああ〜ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組〜』。これはごく最近に見始めてまだ2回くらいしか見てないんだけど、もしかしたら最近の1番の楽しみと言ってもいいくらいかもしれない。

www.tv-tokyo.co.jp

私はゲーム全然知識ないし興味もなかったんだけど、番組名にも銘打ってる通りこんな私でもかなり楽しめちゃってるし出演者もみんなとにかく楽しそうなので、そういう様子を見ているうちにだんだん自分も、ニンテンドースイッチぐらい買っちゃおうかな?なんてことを思い始めてしまうほどなのである。「ゲームの面白さがなんとなくでも伝わればいい」というテーマらしいけどもう十分すぎるほどその役目は果たせちゃってるわけである。男子が放課後誰かの家に集まってゲームするみたいなゆるいコンセプトも良い(だから出演者の衣装が学ランなのだ)。

そもそも私はゲーム全然興味ないのになんでこの番組を観ようってなったのかって、めちゃくちゃ面白い番組だ!という評判を目にしたというわけではなく、まあ実際そんな評判はほとんどないし(笑)、ただ個人的な興味で、三四郎の相田くんが毎回ナレーションを務めているということで、なんとなくちょっと試しに見てみようかな?と見てみたらすっげー楽しかった、というだけで。

MCはアルコ&ピースで、私は彼らのトークの感じとか好きだからすんなり楽しめているというのもあるかもしれないけど。毎回ゲーム好きの芸人もたくさんゲスト出演するんだけど、ゲストの人もだいたい好きだし。他のテレビ番組ではほとんど見かけない人が多い気はするが…(笑)。今週は大自然がゲストで、私は「にちようチャップリン」で彼らのことを初めて知って即座に好きになって、今一番すごい、グイグイきてる若手じゃない?なんて思っていたから嬉しかったしこの番組にも合っていてとにかく楽しかった。俺らは人気ないなんて言ってたけど、漫才のテンポ感好きだし声が良いってのもすごく好きだし、それだけじゃなく見てるだけで癒される!と密かに思ってる女子は私だけじゃないと思うよ?

profile.yoshimoto.co.jp

この番組の制作はシオプロで、私が大好きな番組の数々をこれまで手掛けてきた会社なのでなるほどなーと納得してしまったりも。シオプロは地上波だけじゃなくてAbemaTVでもいくつかやってて、「日村がゆく」「フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと」「チャンスの時間」…って、全部私が見てるやつじゃん!

 

 

 そして最後に、テレビ朝日で毎週水曜深夜に放送している「イッテンモノ」。サンドウィッチマン&千鳥&三四郎という3組の漫才師がMCを務めるトークネタ番組で、毎回色々な分野のゲストを迎えてトークをして、そのゲストが指名した二人が、トークの中に登場した話題を取り入れて漫才のネタを作って披露するという内容。

www.tv-asahi.co.jp

そんで先々週だったか、いつもと違うスペシャル回があって、いつもは漫才だけど今回はコントということで、ゲストも去年のキングオブコント王者のかまいたちということで彼らのネタの、オチのその後をやってみるという特殊な回があったんだどこれが個人的にはめちゃくちゃ楽しくて思わず何回もリピートして観てしまった。テレビ番組で何回もリピートだなんて滅多に滅多にないことだよ。またこの企画を今後もやる予定だそうなのですごく楽しみ。

ちょっと余談だけど、この番組に限らずの話なんだけど、千鳥の二人が三四郎のことをすごく可愛がってる感じが随所で見られるのが私はすごく好きで、他の番組、例えば少し前にたまたま見たんだけどノブさんだけが単独でMCやってる林先生の番組(これは地上波ゴールデンだけど珍しく結構楽しくて、なんだかんだで最後まで見入ってしまった)に三四郎の小宮くんも出てて、彼の良いところを引き出そうと気にかけてフォローしてくれる感じがすごく伝わってきていいなーと。他にも小宮くんが一人だけで番組に出ることは割とよくあって私もできるだけ見るようにはしてるけど、他の先輩たちじゃそんな気遣いはないからほぼ何もできないまま終了、みたいなパターンも結構多いんだよね。

そしてこの番組のスピンオフとしてAbemaTVで単発で「若イッテンモノ」(若と書いてヤングと読む!という絶妙なダサさ!(笑))も放送されて、ここではサンドと千鳥抜きで三四郎のみのMCで、しかもいきなり3時間もやるなんて大丈夫なのかよ!!??めちゃくちゃ滑舌悪すぎる子とめちゃくちゃ美声で滑舌は良いけど面白い事は特に言わない子という2人組で番組なんか回せんのかよ?と(なんかすごい悪口言ってるけど三四郎のことは大好きなんだけど、でもいまのこの段階ではまだ荷が重すぎやしないか?と…)観る前は不安でいっぱいだったけれども、なんだかんだで3時間見れてしまったのでちょっとびっくりしているくらい。まだ粗い部分もけっこうあったけど全体的には思った以上にちゃんとまとまっていたし良かったんじゃないかと。とりあえず、見てられないくらい酷い部分というのはなかった。彼らだけでメインMCの番組ってこれが初めてというわけでもないし、ゲストには彼らよりもっとテレビ慣れしてない若手芸人ばかり(ほとんどテレビには出てないような人たち)を集めていたのでやりやすかったってこともあるのかな。 ゲストが矢口真里ってのも正直あんま見たくねーなーと思ってたけど意外に平気だったし面白かったし。 お笑いのバラエティとしても意外に真面目な感じで、私がこれまであんまり知らなかった若手芸人を色々見れたのも良かった。…って、なんかすごくちゃんとした番組の感想みたいだけど、ホントに、意外とちゃんとしてたのよ。

 

 さらに、テレ朝深夜の「ももクロchan」の素晴らしさを…!と思ったけど長くなったので今回はこの辺で。また気が向けば次回に。