Tiffany-Queen's Diary

映画や海外ドラマ、音楽、その他色々について。

焦げ付くような午後のグラウンド

最近思うことや、Twitterにも同じこと書いたけど文字数の関係で漏れたことなどを補足しつつまとめてみるよ。

 

夏休みというものについて、毎年思うこと。

子供の頃は全く思いもよらなかったことなんだけど今は同じ職場で子供のいる同僚の話を聞く機会が多くあって、そういう話を聞くと自分が子供だった頃、友達あんまりいないし外でやるような趣味もなかったのでほとんど毎日ずっと家にばかり居たの、今思えば母親に申し訳なかったなあと思う。私の母親は私が家にいるせいで迷惑だとかそんなことを思っているそぶりは全く見せていなかったけど、本当にそう思っていなかったのか、もしくは思っていたけどうまくそれを隠していたのか私が気づかなかっただけなのか、とにかく、今はすごく申し訳ないことをしたと思うよ。母親だって多分、たまには少しは自分一人で好きに過ごす時間が欲しかったんじゃないかと思う。今思えばだけど。もし自分に子供がいたとしたら夏休みどんなことになるのか、ちょっと考えてみただけでもゾッとする。私だったら発狂してしまうかもしれない、だから私の母親は偉いなあと思う。私だったら子供に対して、たまには外に遊びに行ってくれとかそんなことは言えない気がする。自分の子供時代のことを考えると。だから余計に、ストレスが溜まりまくっていつか爆発しそう。

仕事から帰って家に誰か居て明かりがついてるのが幸せって言う人がいるけど、私の場合は、仕事とか外から帰ったら一刻も早く一人きりの空間に籠りたいんだよ。自分だけの城に。誰も居ないことがホッとする。誰かいると心からくつろげない。

 

最近、とある番組の見逃し配信のため、dTVとネトフリを解約して代わりに数ヶ月ぶりに再びhulu契約してついでに他の番組もちらっと見てみるかなってことで、何気なく、札幌テレビで放送中のサンドウィッチマン冠番組、熱烈!ホットサンド!をちらっと見てみたらこれが最高すぎて止まらなくなってしまった。これヤバイよ永遠に見てられる映像だ。おじさん二人がただひたすらイチャイチャするだけの30分というね。

youtu.be

 

熱烈!ホットサンド! | テレビ | STV

 

なんとなく噂には聞いていて前から気になっていた番組ではあるんだけど、てっきり、北海道でしか見れないもんだと思い込んでたんだよね。でも今になって調べて見たらMXでも放送してるしこうやってhuluでは過去の放送回から最新回に到るまでがっつり見られるというわけで。

「いろはに千鳥」は基本的にただひたすら千鳥の二人がイチャイチャするのを楽しむ番組で、熱烈ホットサンドも基本路線は同じなんだけど千鳥のは埼玉で、こっちは北海道だから映像があまりにも違いすぎて、いちいち雄大すぎる絶景すぎる。あとロケだけじゃなくコントのコーナーなどもあるのが良い。

そんで、サンドウィッチマンと千鳥と、さらに三四郎と、仲が良すぎるイチャイチャコンビを3組も(これら3組いずれもめちゃくちゃ付き合いが長い上にこれまでほとんどケンカをしてないらしいというね)MCとしてぶっ込んできた番組である「イッテンモノ」はやっぱりすげえなあ、どうりで良すぎるわけだよ、なんてことを改めて思ったりした。

あと、hulu配信限定の番組で「鬼三村」も初めて観たんだけどこれまた最高だった。これは話数もそれほど多くないし、最初から全部見ていこうかなと。

 

私は昔からずっと年上が好きだった。それは今でも変わらないんだけど、それと同時に最近は2〜5歳くらい年下、80年代前半生まれの人のことをとても魅力的に思うことが多くなったと気づく。これもまた老いの一つなのだろうか、ああ嫌だどうしようどうしよう。昔は絶対的に年上が良くて、年下つったらそれだけでもうぜったいに無理無理って感じだったのに。でも正直なところ、むしろちょびっと年下の方がいいと思うことが多いような、その事実は認めたくなかったけど最近は諦めて開き直りつつある。離婚した途端にそのことに歯止めがかからなくなったような気がする。なんとなく。歯止めがかからなくなったことの一端として、来月には、とあることを計画している。それについては終わった後にまたどっかしらに書くと思うけど。

 昔からずっと好きだったし今も変わらないのは、お笑い芸人では特にどちらかと言えばボケの人が好きなんだけど、最近フト思ったのは、私は、何考えてるのか分からない、わけわかんない人が好きなんだなあということ。あと、ぱっと見はまともそうなんだけど実は狂気に満ちてる、みたいな感じの人も好き。

 

最後にもう一つ、夏休みというものについて、毎年思うこと。

 夏休みといえば、大人になってよかったなあとしみじみ強く思うことの一つでもある。大人になった今振り返ってみて不思議で不思議でしょうがないんだけど、友達もあんまりいない私が一体どうやって、1ヶ月あまりの暇な時間を潰していたんだろう?って。何をして過ごしていたのか全然思い出せないんだよ。とにかく大人になれば休みはせいぜい数日だしそれ以外の日は通常通り金をもらって一日中クーラーに当たりまくれる生活だし、自由な研究をしろという史上最悪の無茶振りをされることもない。ああ本当に素晴らしい。そして休みの期間は自分のお金で自分の行きたい場所に行って自分の食べたい物を食べて自分のやりたいことをやれる。子供の頃は自由で楽しかったなんて言う人もいるけど、そんなわけないだろ?一切なんの発言権も選択権もないし行きたい場所にはいけないしやりたい事もやれないのに??と思ってしまう。