Tiffany-Queen's Diary

映画や海外ドラマ、音楽、その他色々について。

バナナマンライブ「one-half rhapsody」

バナナマン単独ライブ「one-half rhapsody」観に行って来たので、感想などを。Twitterに結構色々書いてしまったので、それらのまとめという感じになるけれども。

 ついに、信じられないことが、現実になったわけである。チケット取れた時点からずっと、あまりにもすごいことだから実感がわかなかったんだけど実際にライブを観てしまったら、その内容がもっともっと、予想をはるかに超えてすごすぎて、ますます実感がわかなくて放心状態だというね。しかも席が前から3列目というのもこれまたすごすぎで…私これ、死ぬんじゃないかって思ってしまったくらい。実際観てみて死にはしなかった、意外に結構冷静に色々と見られて、例えば評判通り間近で見る二人はやっぱデカイなーとか。目の前で見るとやっぱでけえなあってのはあるんだけど、それでも日村さん若干痩せた気がする。全然痩せねえなあって話をしてたし気のせいかもしれないけど(笑)。

f:id:tiffany_queen:20180804214735j:plain

とにかくこれは超がいくつも付くくらいのプラチナチケットなので、ファンクラブ先行であっさり取れてしまった時点で恐ろしくなってしまって(もちろんファンクラブでも取れない人がたくさんいる)、今年の運はもう完全に使い切ったしもう死ぬんではないか、と思ったほどだったんだけど、ライブ無事に観終わってまだ生きている。

 開演は15時からだったのでとりあえずちょっと早めに出て、大崎で途中下車して昼飯。休日を少しでも快適に過ごすためのライフハックの一つが、オフィス街で飯を食べる!!ってことなんだけど、大手町なんかはガチのオフィス街過ぎて土日は飲食店どころかコンビニすらも休みだったりする。で、なぜ大崎なのかというと勤務先が渋谷だった時も品川だった時もここで途中下車してカフェとか利用してて、よく知ってるから。他にもっと良いオフィス街はあるのかもしれないけど、ただ私が知らないだけ。例えば山手線でいうと、五反田とか目黒とか降りたこともほとんどないし。 そんなわけでこれまでにも度々休日にお世話になっている大崎のデニーズで昼飯食べて、その後は同じビルの2階のエクセルシオールでしばし時間潰し。目的地は六本木だけども、六本木のカフェなんて落ち着かないじゃん!!ということでね。

 

そしていよいよ六本木へ向かったわけだが、六本木は数ヶ月どころじゃない、数年ぶりの訪問で。しかもこんな用事で再訪することになるなんて夢にも思わなかった。

f:id:tiffany_queen:20180804144048j:plain

ライブの内容については詳細は書かないけれども、とにかく見終わって、ずっと放心状態というか、あんなに凄いものをあんなに目の前で見れたっていうのが、本当に現実のことだったんだろうか?ってほどで。日村さん結婚したというばかりの状況で、結婚生活というものについてあんなにトゲのあるネタをやるなんてやっぱスゲえよなーとか。テレビでは絶対言えないような事ね。でもこういう言葉を聞けるのがやっぱりライブの醍醐味だよなあと。あといつも以上にウンコの話ばかりなのもよかった。それから幕間映像とかで特に、やたらと太りそうな話題が多かった気がする、衝撃のデブドリンクのレシピとか。ライブを観ていただけで、帰る頃には数キロ太ってんじゃないかって気がしてしまうほどに。

今年一番ってくらいに最初から最後までめちゃくちゃ笑ったけど、最後のネタは凄すぎて泣いちゃった。日村さんが1人10役くらいやるの。さすがに10個もないけど体感としてはそれくらい。 物販はめちゃくちゃ並んでたらスルーしようかなと思ったけど、意外に空いてたからTシャツ買っちゃった。設楽さんが、こっちはあんまり売れてないみたいと言ってたやつにした。そして物販お買い上げしたら袋がロデオクラウンズでちょう可愛い。ファスナー付いてて何回も使えるやつだし。こんなの初めてだよ。

f:id:tiffany_queen:20180804200417j:plain

 

そして終演後は、すぐに帰るつもりではいたんだけど、なんとなく、駅まで歩いていたのがちょこっと道を逸れてしまって、喉が渇いたしというのもあって軽くカフェに寄ってから帰ることに。六本木のカフェだぞ!!なんて大したものではなく、横浜でもよく行ってる上島珈琲店だったんだけど。