Tiffany-Queen's Diary

映画や海外ドラマ、音楽、その他色々について。

はてなダイアリーからの引用

はてなダイアリーが終了するということで、とりあえずインポート作業などをしているのだけど、2011年以降の記事が残っていたのでその中からいくつか、ここに、その内容を貼り付けてみようと思う。

 

2011-09-19 埼玉県いってきた

北関東を満喫しに行くの第一弾として、まずは一番近いところからということで埼玉県に行ってきた。といっても、まだ一部しか行っていないんだけどね・・。とりあえず都会のほうには行かない、荒川より東側には行かないとざっくり決めていったんだけど、北のほうまで行ったら荒川を越えるような部分が。まぁでもその辺は全く都会って場所ではないのでいいとして。 まず例によって所沢から埼玉県入りし(多摩から埼玉県に行くに際し一番近い、お馴染みの場所は所沢なのである)川越あたりまで行き、それから国道254号で北上。途中から407号に移って熊谷まで行って、そこから国道140号で秩父方面へ。 途中、国道254で巨大なベイシア帝国があって、その中にスタバもあったので寄ったりした。駐車場が広すぎてどこに停めたらいいか戸惑うほどなのである。「動物注意」の標識は全く見かけなかったがタヌキと思われる屍骸をいくつか見たよ。 なんだか結果的に、あまり知らない場所をたくさん通ることはできなかった。国道17号を通ってみようかなぁという案もあったのだが、そっちは都会すぎるのかな?と思ってしまって。でもそっちの方が気になる場所をたくさん通過するんだよね。地名だけ知ってて、どんな所なのか全く足を踏み入れたことない場所が。秩父なんてもう何回も行っているしねぇ。秩父の道の駅は今日初めて寄ってみたんだが、トイレがそれほど綺麗ではなかった(重要情報)。 しかし今日通ったところはいずれも、巨大な駐車場がある店とか色あせた看板が並ぶ、彩度の低い光景が続いているようなザ・北関東って感じのところばかりだったのでまぁかなり満喫はできたね。そのためもあって、今日はほとんど国道ばかり通ってきた。それはあまりよく知らない場所だからという理由もあるが。ブックオフは途中何店か見かけたけど全く寄らず。そういう気分じゃなかったんだ。 あと、秩父鉄道のSLが走っているのを間近で見られたのはすごく嬉しかった!テンションあがったよ。秩父鉄道は10年以上前に乗ったけど(SLじゃなく普通の電車)いまだに硬券だったりするのかしら。

 

2011-11-26 ■過去に触れる

立川談志が亡くなって、私は特に落語が趣味というわけでもないので、そのことについてはへーそうなんだぐらいにしか思っていないのだが、この人の姿がテレビなどでよく紹介されているのを見て、ある知り合いの事を最近よく思い出したりしている。その人とは過去に関わっただけで現在は全くつながりはないんだが、落語が好きな人だったんだよね。で、最近立川談志をよく見るようになって髪形とか髭の感じがその人とよく似ているということに気付いた。リスペクトということで似たような感じにしていたのかなぁと今更ながら思ったわけだ。 その人との思い出は正直なところ苦いものなので、あんまり思い出したくないというか今まで封印してきた部分なんだけど。いちおう断っておくと、付き合ってたとかその人のことが好きだったというわけではなく、もっと複雑な、人には説明しにくいものだ。

(注釈:「ある知り合い」というのはぶっちゃけセフレ的な人だった。)

 

2012-02-18 ■少し痛い話

前にもブログにもちらっと書いたと思うんだけど、ってこのはてなダイアリー遡って見てみたらなかったので前のブログに書いてたようだ。ということでこっちにも改めて書くか。 時々、というか半年か一年に一度くらいにとどめているんだけど(あんまりやりすぎると精神衛生上よくないため)昔の知り合いのアカウントをツイッターなどで探している。で昨日も久しぶりに色々と捜索してたんだが、結果的には私が一番探してる人のは発見できなかったが他の昔の知り合いのをいくつか発見。 ネット上で交流があっただけではなく何度か直接会ったこともあって、本名も顔も知ってるし生年月日とか勤務先とか趣味とかも分かるから、いっそのことFacebookやったほうが手っ取り早く探せるんじゃね?って声も聞こえてくるんだが、あそこは話を聞くだけで恐ろしすぎて手が出せないでいる。私はまだアカウントもっていないし、やっている人たちの話を聞いて想像を膨らませているだけなんだが私にはとてもムリだ、と思うような話しか聞かないんだもの。でもいずれはこっそりアカウント登録してこっそりのぞいてみるかもしれぬ。 昔使っていた携帯電話のアドレス帳見れば連絡先も分かるっちゃ分かるんだけど、私がしたいのはそういう事じゃなくて。その人にダイレクトに電話かメールで突撃連絡したいわけじゃないんだ。ツイッターなりブログなりでその人の現在の近況を知り、かげながら見守りたいだけというか。ああああ人に説明するの難しいなあ。たぶん他人は理解できないだろう。 過去に少し交流があって、今は離れてしまってどこでどうしているか分からないって人なら他にもたくさんいるのにその人ばかりにこだわってしまうのは、深く関わる前に楽しい思い出だけで終わってしまって心残りがあるからなんだろうなあと思う。いっそのこと付き合ってしまって、相手の嫌な部分なども見て失望して別れていればすっきりしたのになあなんて。 でもそういう付き合いにならずにある程度の距離を置いたまま終わってしまったのには色々と理由もあって、その人は心の問題で薬飲んだり通院したりしていたということもあったりして、それもあるから現在は元気で無事でやっているのだろうか?と気になっている、というのもある。 その人とはかつて何度か神戸や甲子園へ一緒に野球の試合を観に行っていて(つまり私の大阪時代の話ですな)、ナイターの帰りに車で摩耶山に連れて行ってもらったことが、私の大阪時代の中でも最も美しい思い出として保存されている。それがいけないんだな、と思っている。その後で何か幻滅するような出来事があるべきだった。 また、ここら辺の思い出と切り離せないのがデスチャのラスト・アルバムとビヨンセの1stアルバムで、ちょうどこれらが出た頃の話なんだよね。その人が良いって言ってたから私も買ってみたわけだが(言わせんな恥ずかしい)。 その人だけでなく当時仲良くしていた人たち誰にも、大阪を離れるとか何も言わずに出てきてしまったけど、その当時はまたすぐに戻るだろうと思っていたし。もう8年くらい経ってしまったのかー。私は、顔は今とあまり変わらないと思うけど前のほうがだいぶ痩せてたね(笑)。 他の昔の知り合いのツイッターをいくつか発見した、と書いたけども、その中にやはり一緒に野球の試合を観に行ったりしていた女の子がいて、結婚したこと自体はブログにも書いてあったので知っていたんだけども、最近子供ができたらしいということをツイッターで初めて知り、この感情の中身についても他人に説明するのは難しいのだがとにかくショックを受けて、見なかったことにしてそっとブラウザを閉じたのであった。というわけでフォローしたくてもできなかった。 男の場合はそういうのと比べると変化が少ないほうかもしれないが、それでもやはり結婚したりしていて、ツイッターやブログは子供と嫁の自慢ばかりでアイコンはもちろん自分の子供の写真で、って人も中にはいるからなあ。 だから私が探している人も、もしツイッター発見できたとしても子供の写真のアイコンだったらむしろ見つけないほうがよかったというショックに襲われるだろうしなあと。私は勝手に、今でも結婚していないだろうなんて思っているけど人のことは分からんからね。実際に、なかなか結婚する気配はなかったとある知り合いの男性が普通に結婚したりしてるし(お見合いとかデキ婚とかの「仕方なく婚」ではなくて)。 そういう私だって周りからは結婚するとは思われていなかったかもしれないしね。

 

2012-04-02 ■4月になれば彼女は

なんだか毎年のようにこの時期に同じようなことを書いている気はするんだけども、また今年も書く。 ツイッターにもちらっと書いたが、4月になったからといって自分の人生は新しくならない、という件について。 確かに学校というものに通っていた頃は4月になると問答無用で何もかもが変わっていたりしたわけだが、そういう生活から離れてもう10年以上も経ってしまっているし、今さらあまりピンとこなくなってしまったというのもある。 しかしそれ以上に大きな要因と思われるのは、この時期のフレッシュな人々を見ると自分がそうだった頃のことを思い出して何となく新鮮な気持ちになるとか言ってる人も多いんだが、私にはその経験がないから思い出しようもないんだよな。学校を卒業して、4月に社会人になるということがね。私は学校中退してその後しばらくぶらぶらしていたから。 この時期に毎年のように「疎外感を強く感じる」っていうのは過去にもブログなどに書いている気もするが、私がこれまでの人生で一度も経験していないようなことをしている人々が、この1ヶ月くらいの時期には特に目に付いてしまうので、「ああ私とは別の世界に住む人たちだ・・・」と強く思ってしまうんだよね。疎外感の中には、自分は一度も正社員という輪の中に入れなかったというひがみというか、負い目のようなものもかなりある。 そして私の職場では約1ヶ月ほどにも渡って新入社員研修が行われている。私なんて、そんな風にまともな教育を受けたこともないしな・・・というこれまた引け目を感じる部分。っていうか金もらって教えてもらえるとか凄いよな、というひがみもあるな。 ツイッターでフォローしている人の多くがNHK朝の連続ドラマを観ていてそれについて盛り上がっているけど自分は一度も観た事ないから疎外感を感じる、でも話題についていくために観ようという気にもならない疎外感もまた、なんとなく似ているかもしれない。世間の大きな流れに乗れていないというこの感じね。 自分自身はあまり興味ないんだけど周りの話題についていくために某アイドルクグループについて、主要メンバーの名前ぐらいは分かるようにしておくなんて人が多いと聞いたんだが、私の職場でそんなことが一度も話題になったことはないし、そもそも周りの話題についていくためにテレビ観るなんて小学生じゃあるまいしと思う。大人なら自分の観たいものだけ観ようよ。小学生くらいだとまあ、周りの話題についていけないってのは生死に関わる問題だから仕方ないけど。 そういえば、若干関係ない話に逸れるけども、大学へ行ったことのない私が感じるところによれば、世間で「学生時代」という言葉が使われる場合の多くは大学時代のことであるなって気がする。百歩譲って専門学校の場合も時々あるけど。 大学時代という意味での学生時代やゼミとかサークルとか合コンとか、(学生という身分でやる)バイトとか就職活動とか卒業旅行とか、全て私には縁のない外国での出来事みたいなもので、だってテレビとか映画の中でしか見たことがないし・・・ということもひっくるめて思い出される、この時期なのである。

 

2012-07-12 無題

ここ数日精神的に不調。日頃からかなり音がよく聞こえてしまうほうだと思うんだけど(これでも加齢に伴い若干聴覚は衰えてきている気がする、子供の頃はもっと聞こえてたよなって思う)今は、ストレスのせいなのか何なのか余計に敏感になってしまっているようで、例えば、壁を隔てた隣のオフィスの電話の鳴る音が気になってしまったりとか。 音だけじゃなくありとあらゆることに対して過敏に感じるというかただ感じるだけではなく不快に感じてしまって、常にイライラしているような状態。 音が聞こえすぎてイライラするってのは精神的な調子に関わらずいつもじゃないかって気もするんだけどね。夫はあまり耳が聞こえないんだけど(障害とまではいかないが、仕事中などは補聴器を使用したりしている)それが時々うらやましく思えることもある。色々聞こえてしまうせいで私はしょっちゅう怒ったりイライラしたりしているからね。 例えば電車に乗ってる時ってのは特にそれを感じる。私は小さい音でも十分聞こえるので音量かなり控えめでイヤホンで音楽聴いているんだけども、そのせいで、周りの会話のほうが自分が聴いている音楽よりもずっとでかい音量で、しばしば音楽がかき消されてしまうことに腹を立てている。だからといって、あんまりプレイヤーの音量も上げたくないし。 そんなわけでくだらんアホな会話の中から漏れ聞こえる音楽を必死に耳で拾いながらイライラしながら一睡もできない、ということが毎日のように繰り返されている。 電車では音だけではなく隣の人の肘攻撃寄っかかり攻撃匂い攻撃汗攻撃などなど他にもイライラさせられる要素が満載すぎるし。この環境において寝られるってのは、たとえ座れても、よっぽどよっぽど眠いときだけだ。 それはさておきここ数日精神的に不調という話に戻るが、まあやはり一番に考えられるのは生理前期間に当たってしまっているからということなんだけどもね。今はもう、自分以外の全ての人間が敵のように感じている。 この生理前期間、もっと症状が酷い人になると死にたい願望にとりつかれたり吐いたりするって人もいるみたいだから、私はまだマシなほうなのかも。 今回は比較的とろけるほどの濃厚な眠気の日も数日しかなくて、わりと症状軽めなのかなあとすら思う。それでも精神的不調には襲われる。 正直この時期はずっと出かけずに家に引篭って、誰とも会わないってのがベストだろうと思うんだけどね。それが一番安全だ。一日中意識がないほどの眠気もあるし、仕事に行ってもほとんど使い物にならない状態だし。でも28日周期のせいでちょっとずつずれていて、今月は仕事が一番忙しい時期に当たってしまったために全く休めないのが困ったところである。上手い具合に暇な時期に当たってくれれば心置きなく何日か休めるんだけどねぇ。あと2~3ヶ月くらいは忙しい時期に当たってしまいそうで憂鬱である。 この時期は夜中に2~3時間おきくらいにガバッと目が覚めてしまうってのも症状の一つとしてあって、それも眠気と連動してるんだろうとは思うんだけど、こればかりは努力とかでどうにもならないからねえ・・・寝る前にすべきことをすべて実行し、寝る前には避けるべきことを全て避けても、夜中に目が覚めたり昼間に眠くなるのは避けられない。ホルモンバランスの関係でおきていることなので。こういう時ばかりは専業主婦とかニートが羨ましいよね。この時期は毎回のように仕事辞めたくなるんだけどさ。 こんなに眠くて眠くてしょうがないのは身体が休みを欲しているからだ、と言われてもねえ・・・とりあえず休めない日は仕方なく会社へ行くだけ行って、体だけが来ているっていう状態でほとんど意識無く一日椅子に座っているのが精一杯だ。それでも辛すぎるので何度かトイレに避難して休息(というか寝ている)をとっているんだけども。結局ほとんど何もできずに一日終わってしまうんだから、来る意味あんのかなあとは思うんだけどね。 あ、ちなみにこんだけ眠い時期は電車でもさすがに寝られるね(笑)。隣の人が臭くても。 ピクノジェノールっていうサプリを今試しに飲んでみているんだけど、飲み始めてまだ一ヶ月も経過していないし、効果のほどはよく分からんね。こういうのって即効性はあまり期待できなさそうだし。